【比較】損害賠償保険が自動付帯:フリーランス協会とフリーナンス

今日はフリーランスが気になる損害賠償保険サービスのご紹介です!

フリーランスが気になる損害賠償保険サービス

もしもの時の頼み綱

フリーランス協会とは

誰もが自律的なキャリアを 築ける世の中へ プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会は 自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティです。

フリーランス協会より上記抜粋

フリーランス協会のいいところは、

  • 1)政策提言や自治体連携
  • 2)フリーランス白書の作成

など、働くフリーランスのために政府の近い場所で活動しているところだと思います。
コロナの際にもアンケートを実施しまとめて素早く国に対して提言していただきました。
日本ではまだ弱い立場のフリーランスとしてはこの様な組織作りは大変ありがたいと思います。

フリーランス協会の損害賠償保険

フリーランス協会の損害賠償保険は有料会員(年間一万円)に加入後自動付帯でついてきます。
例えば、撮影中に出張先の備品を壊してしまった、過って情報漏洩をしてしまった等も賠償に含まれます。
国内のみですがカメラマンに嬉しいドローンも保険の対象になっています。

業務遂行中の補償/業務結果(PL責任)の補償 1億
受託財物の補償/業務過誤の補償
(情報漏えい、納品物の瑕疵、著作権侵害、偶然な事故による納期遅延)
1000万

フリーランス協会に加入

フリーナンスとは?

GMOのサービスで、黄色ベースの可愛らしいデザインが目立ちますね。

独自の与信で請求書を出した後「あなたの請求書を買い取り、即日振り込むます」という何ともユニークで新しいサービスです。
損害賠償の提供は、事業収入の振込先にフリーナンス口座を開設してもらうことで適用されます。

フリーナンスで口座開設はこちら

フリーナンスの損害賠償保険

受託財物の補償や業務過誤の補償がフリーランス協会の半額ですが、初期費用 は0です。
フリーナンスは損害賠償(あんしん補償プラスで所得補償も)+請求書即日払いをサービスにしていますのでこの辺り、どのメリットをとるかということだと思います。
交渉や折衷などが苦手なタイプのフリーランスにはありがたいサービスだと思います。

業務遂行中の補償/仕事の結果(PL責任)の補償 5000万
受託財物の補償
(情報漏洩、納品物の瑕疵、著作権侵害、偶然な事故による納期遅延)
500万円

フリーナンスで口座開設

フリーランス協会とフリーナンスどっちに入る?

ポイントフリーランス協会フリーナンス
最初にかかる料金1万円(年会費)0円
受託財物/業務過誤の補償1000万円500万円
付随する特徴任意加入の所得補償制度あり請求書前払い
任意加入の所得補償制度あり
運営元一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会GMOクリエイターズネットワーク株式会社

初期費用としてかかる金額や利用したい付帯サービスで選ぶと・・・

仕事がある程度慣れている人

初期費用(年会費)かかりまますが、フリーランス協会

フリーランスなり立ての人/素早く保険に加入したい方

請求書の即日払い制度のあるフリーナンス

加入の際にはシッカリ約款や規約を熟読してくださいね。

眉間にしわどり

あなたの苦悩を肩代わり。

LINE動くスタンプ

The following two tabs change content below.

嫁の方

代表取締役かぴのんスタジオ
株式会社かぴのんスタジオ夫婦の嫁のほう。 webのデザイン&イラスト&コーディングまでが得意なフリーランス。写真は田舎が大好き。富士山の樹海でよくキノコを追いかけています。 ご質問はこちら

ご質問はこちら