フリーランスの業務形態


みんなどんな業務形態でやっているの?

フリーランスになると働き方がいくつかあるので、どんな方法でやってきたかな?と思いまとめてみました。

1.直接依頼

p011

自分のHP、リピーター、知り合い等から直接制作依頼されます。ただし契約書も自分で作成しないといけないので結構大変です。
万が一何かあったときの弁償範囲などをきちんと決めておく必要があります。
間に業者が入らない分安くできますが、その分庶務も増えるので極端に安い見積もりは要注意です。
また、制作だけではなく教えに行ったり幅広く興味ある仕事を請け負えるので、自分で好きな場所に営業しにいけるが魅力です。
介護や育児、家の都合で自分の時間を優先させる場合、最も働きやすい動き方だと思います。

◎メリット
とにかく自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる。
▲デメリット
契約書の作成やディレクションなどの庶務が増える。相手に求められているスキルにどこまで答えるかなど線引きが難しい。

2.最初に紹介してもらう(業務委託)

これは最近よくあるのですが、業務委託として働く際、自分で探すのではなく、登録先の会社に紹介してもらい『紹介先に常駐』するパターンです。業務委託の際は常駐と個人との契約が主だと思うので契約書をきちんと確認するのも大事です。

フリーランスエンジニア専門エージェント レバテックフリーランス

フリーランス

渋谷のヒカリエにあるとても綺麗な会社です。
私も登録していますが、登録したスキルシートを送ると担当のエージェントからかなりマメに連絡がきます。とっても丁寧だと思います。
『短期で稼ぎたい!時間はある!』など『専門知識を存分に活かしてガッツリ稼ぎたい人向き』です。
他にもフリーランス向けの紹介業者は多々ありますが、ここだけでもフロントエンドからバックエンドまで沢山選べます。
常駐で直接業務委託となると、フリーランスに独立してからの単価や月収の違いにかなり驚くと思いますが、税金や保険を自分で払わなければならない、何かあった時に会社が守ってくれないので、しっかりと計算し、きちんと契約書を確認しながら、仕事に見合った対価かどうかチェックするのも大事です。

余談ですが前に派遣をしていたころ・・・人数が多いプロジェクトの中で直接業務委託されている方とお仕事しましたが、責任の大きさや、一人で独立しているということだからだと思いますがプロフェッショナルでした。
何かわからないことがあるといつも優しく教えてくれていました。物腰の柔らかい、疲れたキアヌリーブスみたいな方でしたが、元気かな~?

◎メリット
新しいスキルを取得できる可能性があり、現場にいると何が次に必要とされているか予測できる。高単価。
▲デメリット
拘束時間が長いのと、チームによってはコアとなると責任重大。

3.クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシング

制作の合間や、仕事を増やしたいとき、すぐ受注できるのが魅力的です。また、一度受けるとクラウドソーシングを通して引き続きお仕事が来るので『家にいながら遠方にお客様ができる』というとってもありがたいシステムです。システム利用料として2割ほどかかりますが、非常に楽チンです♪

WEB系のクラウドソーシングができる代表的な会社

ママ向けだと、シュフティWoma&Crowdなどがあります。ここ数年でかなり増えたので『クラウドソーシング』で検索すると沢山出てきます。

◎メリット
仕事をとりたい時に受注できる。好きな仕事に応募できる。
▲デメリット
仕事の競争率が高いので、とりたい仕事を得るための安定したスキルが絶対に必要。クラウドソーシングに慣れていない人ととの取引だとメールでのレスポンス自体が悪く、進捗の管理ができなかったり予測できない部分が多い。

それぞれ、メリット・デメリットありますが充分選べるかと思います。本当5~6年前と比べると働き方が随分選べるようになったと感動です。

それではまた~♪


Leave a comment