フリー ランスの営業方法?みんなどうしているの?

フリーランスってどうやって営業しているの?

こんにちは~!今日は「フリーランスの営業方法?みんなどうしているの?」を現場のフリーランス嫁からお伝えします。

今このページに来ている方で「営業が大好き!」という方は少ない気がします…。
特にデザイナーやエンジニアで「クリエーター」と呼ばれる人たちはアプローチが不器用な方が多い傾向があるので、SNSを使って自己アピールなんて至難の業…。
そこで実際どうしているのか、周りの動きと自身の経験を交えてお伝えしていきます。

その1制作代理店に作品つきのURLのメールを送る

事前にポートフォリオリンクを準備して、メールを出します。確率は高くないのでメールの本数を多く送るなど工夫が必要です。

タイミングよく返事が来たらラッキー!ぐらいの気持ちでいると良いと思います。

その2周りの相性がいい知人に独立の旨を宣伝しておく

「アドバイスや自分が不安な点を聞ける仲間」がいるのは心強いです。

最初は一人で強くならないと、寄りかかって迷惑をかけてしまうのです要注意です。また、相性がいいというのは性格だけでなく、デザイナーならエンジニアさんなど仕事上の相性がいい相手のことです。
知人にばかり頼りすぎると新規開拓ができないので、ほどほどが良いと思います。




その3仕事がありそうなところに紙のポートフォリオを送る

紙のデザイナーさんやご近所でお仕事を増やしたい場合、チラシの効力は馬鹿にできません。

地域でお仕事をしているママさんや、遠方に行く働き方ができない人にオススメです。

その4オススメポートフォリオサイトでコンバージョン(お問い合わせ)を

地域・得意なもの・検索のボリュームなどなど調べてコンバージョンを目指します。

この方法、単純ですが難しいのでコツコツ内部SEOから勉強してコンバージョン目指してみてください!とっても楽しいですよ。
ここで得られた数字をクライアントさんの作業時に生かすことができたり、何かテストが必要な場合は自分のサイトで実験できるので、サイトの運用経験はあったほうがいいと思います。
webデザイナーでなくともライターさんなど、web界隈に関わるお仕事でなくとも、あるととっても良いと思います。

その5得意なサイトを作って誘導

ブログやポータルサイト、なんでも良いのですがそこを充実させて自分の問い合わせにつなげる方法です。

こちらもwebデザインやマーケティングの勉強になるので是非お勧めです!!
どのマーケットにどんな需要があるのか調べるのも楽しいです。

その6SNSを使って宣伝する

TwitterやFB、LINE、instagramなどSNSを駆使して集客します。

各種SNSで作品を発信したり、ブログを宣伝したりする方法です。
ただし、諸刃の剣の節があるので、愚痴の多いアカウントやクライアントさんの守秘義務を守らずにいると全て筒抜けです。

また、相手が求めているものと自分のキャリアや実力に差異がある場合、実際仕事につながってもなかなか続けていくのが難しいケースもあります。
特に焦って大きくしなくても、他が充実していれば急いでセルフブランディングする必要もなく、作品をできるだけ投稿するだけで効果があると思います。

その7オススメ公開できる実績を増やす

サイトに訪れた人に、何より説得力があるのが実績一覧です。

守秘義務などで制作したものを言えない場合がありますが、直接受ける制作に関しては事前に実績公開の確認をとっておくことが大事です。
また、クラウドソーシングなどを使い目に見える実績を焦らず積み重ねることもとっても大事です。
信頼の積み重ねは短期間でできないので少しづつ頑張りましょう!

その8オススメフリーランスのエージェント(人材紹介系)に登録する

転ばぬ先の杖。他に事業を一緒にしている場合は、安定しながら新しことにチャレンジできます。

その時の自分の単価も調べることができるので、業界の需要や傾向を調べるためにも登録しておくと良いと思います!



いろいろありすぎて迷ってる方へ

上位3つに絞って全部試してみて下さい!
また、短期目標ばかり設定するとメンタルが崩壊しますので笑 短期(ルーティン/単発)・中期(定期/不定期)・長期(種まき/育成系)にわけてじっくり育ててみてくださいね!




The following two tabs change content below.

嫁の方

代表取締役かぴのんスタジオ
株式会社かぴのんスタジオ夫婦の嫁のほう。 webのデザイン&イラスト&コーディングまでが得意。写真は田舎のロケが大好き。富士山の樹海でよくキノコを追いかけています。 ご質問はこちら

ご質問はこちら