クラウドソーシングで実際に登録してからのタスクの選び方


独立した最初に非常にお世話になったクラウドソーシング

website-application04

クラウドソーシングで実際に登録してからのタスクの選び方についてポイントをまとめました。ちょっと前に説明資料用に作ったので公開です。

タスクの選び方

1. 初心者向け・中間向け・玄人向け

どのあたりのタスクが自分の実力と向き合えているか、相手がどれくらいのクオリティを求めているか、またその域に達していて、求めること以上のことを出来るか。自信がなければ安くても、初心者のタスクに応募する。
評価を高く維持するためには、採算あわないこともしばしば・・・。
最初は何もやっても大変なので一獲千金を狙わない。経歴が付いている人は鉄の斧で自分はこん棒ぐらいの感じです。
フリーランスの初期装備

2.メールでのやりとりはより丁寧に慎重に

文字だけなので必ず行き違いが起こります。また受け取る側の心情によって、メールの内容は変化します。
メールの返信は、できるだけ対応は早急に。すぐ作業できない時は、その旨を伝える。信用第一!

3.タスクに質問してみよう!

不明点を事前に聞いておけば、進めやすいですし何より相手の人柄がわかります。いきなり始めないようにしましょう。値段よりも相手との相性もとても大事です。

4.作業はエクスロー入金(仮入金)があってからはじめること

タスク決定後の相手都合のキャンセルもあり得ます。仮入金を待ちましょう。

5.お客さまを大事に

自分が相手に取って完璧な制作者ではないように、自分にとって最高のお客様が最初に現れるのは、王子様が迎えにくるのと同じ確率だと思います。
お客様のとっかえひっかえはよくないので、何がいけなかったのか考えてから先に進むようにしましょう!周りにいる人は鏡。

クラウドソーシングは現実と同じ

クラウドソーシングは『会う手間がないだけでやっていることは現実』と同じです。人と関わらないから楽♪ということはなかったです(笑)
ただ介護や育児、今まで手に技術があっても動けなかった私には非常にありがたい仕組みであります。