フリーランスWEB制作者の働き方



フリーランスWEB制作のこれからの働き方

web-recruit03

働き方が多様化してきた!

web-recruit02

職場が近かったり、外にいるほうが好きな人、人と話すことでストレス解消になる人は、外で働いたほうがきっといいと思います。

今は派遣以外にも開業してフリーランスとして登録すると、業務委託を紹介して常駐できる会社もあります。

もちろん人と話すことでストレスが溜まってしまう人は中でコツコツ作っているのがいいと思います。

どっちだから勝ち組ということはなく『本当に自分が納得してればどっちでもいい』のです。とにかく3年前と比べて働き方が本当に選べるようになりました。

2016年 WEB制作者の選べる働き方

  • まずは復帰にパート
  • すぐ働ける派遣
  • 社員しながら副業(寛大になってきた)
  • 週三日だけ会社
  • フリーランスで会社常駐業務委託
  • フリーランスで在宅(クラウドソーシングの会社が増え、在宅可能な仕事が増えた)

派遣だと楽チンなこともあると思いますが、同じ業務だとしたらフリーランスで会社を紹介してもらったほうが収入はお得なこともあります。私は社員→出産→パート→派遣→自営業です。

欧米に比べると在宅での環境整備はまだまだだそうです。介護や育児でもフルに働けない人が、短い時間でも成果の出せる働き方へシフトするといいですね。

好きなことをする、技術的に同じことはし続けない

『好きなことを仕事にするな』って言われますが、好きなことのほうが単純に楽しいです。

仕事なのでもちろん楽しいことばかりではありませんが、だからこそ基本は好きなことがいいと思います。

楽なことが多いけど危険な更新業務

技術的に同じことはし続けないということですが、これは更新業務と言われる仕事です。本当に怖いです。

本当は手早く仕事を増やして、安定した収入が欲しいので迷うところです。ただ、一つ一つが大きく稼げなくても複数の取引先を持つことで、いろんな分野にチャレンジさせてもらえます。

一つは制作、一つは教えることでもいいですし、とにかく無理のない範囲で複数の仕事を持つことをお勧めします。

なぜ複数の取引先がいいのか?

もちろん廃業のリスク分散にもなりますが、一番いいのは『取引先が別件で困ったときに助けてあげることができる』かもしれません。

WEB制作者は、制作だけではなく、SNSや運用の管理・最適なツールなど様々な相談を受けます。その時に制作だけだと行き詰ってしまいます。もちろんコアをしっかり固めつつ、同じ領域で少しずつ広げていくと自分とお客様のためになることが多いです。

一人ではほぼ仕事ができない

クラウドサービスを整えても機械の向こうにいるのは人です。また、自分一人でアフィリエイトなどの収入のループを作らないと、基本『誰かがいることで成り立つ職業』です

どの職業でもいえることかもしれませんが、『自分にされて嫌なことはしない!』、『丁寧な仕事、態度』を心がけるのがとっても大事だと思います。
サポートの多い仕事ですが喜んでもらえることが多い素敵な職だと思います。

睡眠と余計なことをする時間をとる

人は寝ないと浮腫むようです。私はこれで酷い目に合いました…。くれぐれもお気を付けください。また産後に決っして無理はせずきちんと休んでください。

それでも…やっぱり何をやっても上手くいかない時期ってありますよね。もし、うまくいかない時期があったら、今までやったことない趣味の時間増やすのどうでしょう?思い切って山とか!!意外と気分がスッキリするはず。

私は子どもと公園や山をずっ~~と歩き、キノコを撮影しつづけてます(笑)

そうすると頭がスッキリして勉強したいことや、やらなければいけないことがクリアになると思います。

web-recruit01

開業一年後の廃業率40%に入らないためにお役立てください。よく聞かれるこの40%は法人成りもはいるのかな?またその辺り調べたいですね。

これを読んでいる方はフリーランスの人が多いと思います。素敵なご縁がありますように!ありがとうございました!