リモート(テレワーク)で仕事を探そう!

リモート(テレワーク)で仕事ってどうやってすればいいの?

いざ、自宅中心に仕事をしようとしても、なかなか難しいですよね。
リモート(テレワーク)をする際に、『どうやって仕事を探せばいいの?』『準備に必要なものは?』等々あります。
そこでリモート(テレワーク)で仕事をするにあたり、何からスタートすればよいのかまとめてみましたよ~。

website-application03

1. ポートフォリオを準備しよう

WEB系の人は、自分が運用しているサイト、自分の会社、作品紹介サイトなど。新規の取引先では、どんな人間かバックグラウンドがわかってもらえない分、きちんと丁寧に作りましょう。

remote03

クラウドになると人間関係希薄なんじゃないの?と思いがちですが、離れているからこそ丁寧に接するよう心がけています。
私はもともと空気が上手に読める方ではないので、外でも中でも同じ苦労をしています(笑)
人間関係に疲れて辞める方は、制作だと基本発注される側ですので、精神的プレッシャーも大きくなります。要注意です!

開業したてで以前の会社での作品しかないときは、関わったということで許可をもらったり、鍵付きのポートフォリオにしたり相談してみてください。
また、会社にいる頃は全て一人で作り上げるわけではないので、『実際何を担当していたか』というポイントの記載が必要だと思います。

イラストメインの方は一ヶ月位、死ぬほど絵を描いてみる!とかもいいと思います。仕事しながらだとなかなか難しいですよね。
写真やイラストの『WEBできないけど、HPは必要!』という方も下記でポートフォリオをサクッと作ってしまいましょう。

WEBじゃなくても掲載したい写真・イラストを簡単にポートフォリオ作れるサイト

写真撮影している方はその場でインパクトある紙Instantbook(インスタントブック)

タイムラインを一冊本にしてくれます。Instantbook(インスタントブック)取引先の訪問時など超便利ですね。
お洒落だし、1冊972円 + 送料108円!!とても見やすいですね。私も頼もうと思います。

remote02

2. 開業届と青色申告承認申請書を一緒に出そう!

所轄の税務署で開業届と青色申告承認申請書を提出できます。青色申告をはじめる年の3月15日(1月16日以降に事業を開始した場合、その日から2カ月以内)です。最大65万円も控除されるので出すしかない!
詳しくはMFクラウド 青色申告に必要な開業届について|青色申告の基礎知識

ちなみに、確定申告はMFクラウドを使っています。超便利です!
初年度、税務関係の言葉の意味が分からない時は、各所轄の税務署で無料で訪問サービスもありますよ。確定申告で混み合う前に指導してもらいましょう~。

3. 登録先の会社を探すor自分で仕事をとりに行く

さてここまで来たら、あとは自分がどんなリモートがよいか確認しながら、ひたすら検索してみます。
『川の砂金を探すイメージ』で頑張っていきます!
『確率低くない?!』と思うかも知れないですが、どこの業界も競争なのでそれぐらいの心持ちだと精神的に崩れないで活動できると思います。
ここ2~3年、リモート(テレワーク)の日本での認知度アップと実施・報道されている感じは5年前と比べたら雲泥の差ですが、厳しいことには変わりないです。

remote

WEB/写真/イラスト系のクラウドソーシング中心で探してみる

他には、大変ですが『自分で直接営業しに行く!』という手段があります。
『リモートなのに?』と思うかもしれないですが、画面の向こうにいるのは『人』なので、信頼関係を新規で気づく場合には、意外とこれが一番良かったりします。
取りに行く仕事は『どうしてもやりたい仕事!!』の場合が多く、自分も大事にする傾向があるので最初の勇気が大変ですが、実はこれを一番お勧めします。
いきなりリモートが無理な場合もあるので、目標を決めゆっくり進めてください。

最後に

remote03

高尾山の薬王院より。きっと素敵なご縁があると思います。