リモートや撮影時のフリーランスの連絡手段


今どうやってお仕事しているのか?

こんにちは~!くるくると動き回るリモートフリーランスです。最近は成田→東京→鎌倉→相模原を移動しています~!

会社での作業時間も多いですが、移動も多いです。

さてそんな時…「どうやって連絡をとっているのか?」が気になると思いますのでご紹介です!

ちなみに連絡手段は、クライアントさんが指定した環境です。相手に負担にならない連絡手段を心がけています。

FBのMessenger

簡単な要件伺い、日々の連絡など簡易的なものはこちらで応答します!FBを使っている世代には、制作者に気軽に連絡が取れるのでよいと思います。
また、しばらく会ってない・以前仕事してFBでつながっている方からの連絡もあります。
ただし!メッセージが削除できません(※自分側で削除しても相手に残る)ので、間違った相手・メッセージを送らないように要注意です。

大事なことは「またあらためて…」がいいとな?と思います。

  • クライアントさんが気軽に聞けるちょっとした質問用に便利
  • リピーターさんが便利
  • SNS利用層と同じで30代後半~が多い

FBはちょっとなんだか気が引けるイメージがありますが、交流の場・本人の活動証明のような感じで使えますよ。

※キャプチャーは旦那さんとの会話です。追悼アカウントのお願い以来話していませんでした…。

FBの秘密グループ

定期的に活動しているお仕事仲間と投稿することで情報共有できます。日記のような使い方です。

  • 固定メンバーで日記のように利用
  • 進捗報告

Slack

若い制作者のみんなに教えてもらってからというもの…。メイン利用です!本当に助かってます。

  • 画像添付・情報共有・削除できます
  • リモートチームとの会話用・ベンチャー企業に多い
  • Gitから流れ込んできたタスクの管理用でも
  • 20代~の使用が多い

Chatwork

外部の業務委託・連携時に使っています。

  • 画像添付・情報共有・削除できます
  • リモートチームとの会話、作業の指示など
  • 会話をタスクに設定できる

redmine

完全なタスク型・期限制限付きのお仕事を共有しています。

Git

プログラマーさんとのお仕事の時、タスク(issues)を立てたて、他の機能と並行して使います。

現在、kapinon studioでもGitで登録したのをSlackに流して旦那さんと情報共有できるようにしています。外から見えないようにするには有料登録が必要です。

Twitter

Web界隈交流用です。同じ制作者とワイワイやっています。それ以外特に意味はなかったりしますが楽しいです笑

私のTwitterアカウントはこちら

Skype

昔はチャットでも使っていましたがSlack+Skype、Chatwork+Skype等々、本当に話すのが必要な時程度です。最近はSkype使わないでチャットか会いに行くことが多いです。

特にしなければならない打ち合わせは、誤解がないように一度会う方がその後の進みが良いです。

会う

詳細は他の連絡手段で詰めといて…最後に顔合わせ、また途中でもプロジェクトの方向がそれないように「会って話す方が進みが早い」時があります。

なので「は~~い!」とわりとフットワーク軽くお出かけします。普段は夫婦全く一緒ではなく、それぞれお仕事あるので意外とバラバラに動いています。
写真撮影は機材もあるので一緒です。

通知はどうしているの?

毎日ピコピコ通知されるわけではないですが、忙しい時は重なります笑

そんな時は、一度きちんと確認して「折り返します!」「少々お待ちください!」「調べるので少し時間ください」など連絡しておくと相手も不安にならないのでいいと思います!

現状の仕事は?

Webデザイン+写真撮影(出張+撮影)ベースでそれに関わるディレクション、HPの運用、事業計画書の作成・企画、マーケティングのお手伝い等々派生しています。

「楽しそうだから一緒にやってみようよ~!」という感じで気持ちが動くお仕事をご一緒できればと思います!
是非「あの変な夫婦面白いね~」ということでお誘いいただければと思います笑

お仕事の問合せはこちら